• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2021.01.15

滋賀の魅力を見せつけろ。滋京ダービー SHIGA LAKESTARS

滋賀の魅力を見せつけろ。滋京ダービー

初の指揮官「師弟対決」は痛み分けの1勝1敗

bjリーグ時代から続く京都ハンナリーズ「滋京ダービー」。新型コロナウィルスの影響で昨季は京都開催のみだったので、滋賀レイクスターズのホーム開催は2季ぶりとなった。
今季から京都のヘッドコーチに前レイクスアシスタントコーチの小川伸也氏が就任したため、ショーン・デニスHCとの「師弟対決」も注目された。1戦目はレイクスが先手を奪うも、途中から守備をゾーンに切り替えた京都が巻き返して逆転で先勝。ホームで連敗は許されないレイクスは2戦目は晴山ケビンがキャリアハイの3Pシュート6本きめるなど奮起し、ゾーンを攻略。接戦の末、最後は同点を狙った京都のラストショットをジョーダン・ハミルトンがブロックで阻止してリベンジに成功した。
痛み分けの1勝1敗となったデニスHCは「少しは良い形でやれたが、守備での判断がまだまだ。レベルを高めていきたい」と勝利後も気を引き締めていた。

HOME/ウカルちゃんアリーナ
11.14(SAT)  ●SHIGALAKESTARS 74-84 京都ハンナリーズ
11.15(SUN)  ○SHIGALAKESTARS 82-79 京都ハンナリーズ

4季ぶり王者撃破

レイクスが4シーズンぶりにアルバルク東京を破った。2017年2月26日にウカルちゃんアリーナで勝利して以来で、対戦成績の連敗を7で止めた。1戦目は最大18点のビハインドから試合残り1分を切って同点に追いつくも、最後の攻防で2点勝ち越しを許して敗戦。悔しさを味わい臨んだ2戦目も先行を許したが、狩俣昌也のキャリアハイ17得点や、ハミルトンとアンガス・ブラントのコンビプレーなどで逆転に成功し、勢いで押し切った。

AWAY/アリーナ立川立飛
11.7(SAT)  ●SHIGALAKESTARS 86-88 アルバルク東京
11.8(SUN)  ○SHIGALAKESTARS 87-80 アルバルク東京

HOME/ウカルちゃんアリーナ
11.11(WED)  ●SHIGALAKESTARS 58-66 信州ブレイブウォリアーズ

関連記事