• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.08.26

「エビングハウスの忘却曲線」 綾戸真美

気付きを記録に残す

「エビングハウスの忘却曲線」
皆様は聞いたことがありますか?

これによると、人は学習した20分後には内容の42%を忘れ、1時間後には56%、そして1日経つと74%の記憶が失われているということになります。

私は面倒くさがり屋なので、よくこれにつまずいてきました。
「昨日コツを掴んだはずなのに…」
「これ先週と同じミス…」

練習前、練習中、練習後、どんな時でも気づきの連続です。
その時は
「こうしたらこうなる」
と手順や感覚を覚えたつもりでも、その一瞬の気付きをすぐにメモに取らないと、また新たな課題にかき消されて忘れてしまいます。

そこで

気付いたらその場ですぐにメモする。
頭の中を整理整頓。
練習終了後、振り返ってノートの内容を整頓。
次の課題を明記。
次の練習前にノートの振り返り。
(寝る前の読み返しも効果抜群です)

この習慣をつけたことで、練習の質がぐんと上がりました。
射撃ノートを「書いているつもり」だったのが、「必要不可欠」なものに変化した瞬間です。

それを繰り返しているうちに、自然と自分の引き出しに入っていってくれます。

競技が違っても、スポーツでなくても、何にでも共通することではないでしょうか。

皆様も是非取り入れてみてください。

関連記事