• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2019.12.13

[バスケットボール]全国高等学校 バスケットボール選手権大会滋賀県予選 (ウィンターカップ2019滋賀予選)

女子は草津東が夏のリベンジ
男子は3年ぶりに光泉が頂点

第4Qで逆転した草津東

11月10日、野洲市総合体育館で行われたウィンターカップ2019滋賀予選決勝戦。女子は草津東が滋賀短期大学附属高校を72- 67で下し、初優勝を遂げた。

夏のインターハイ予選の決勝でも対戦した両校。その時は、延長戦にもつれる接戦を滋賀短期大学附属が71-70の1点差でものにした。その悔しさを力に変えて成長してきた草津東。秋の優勝が決まった瞬間、一気に喜びがはじけた。

試合は第4Qの途中まで滋賀短期大学附属がリードしていた。草津東は最大9点ビハインドを追う苦しい展開。キャプテン楠田美琴(3年)は「点差を開けられてあせる気持ちもあった。でも、そこをなんとか我慢して逆転できた。ここに成長を感じた」と話す。

第4Q残り約1分20秒、逆転された滋賀短期大学附属はすかさずタイムアウトをとった。それでも草津東は攻めの姿勢を崩さず、逆に5点差に広げて勝利した。

12月23日に開幕するウィンターカップは、1回戦で済美(愛媛)と対戦する。持ち味の粘り強さで初戦突破を期待したい。

15回目の冬に挑む光泉

男子は光泉が3年ぶりに滋賀を制し、15回目のウィンターカップ出場を決めた。滋賀予選の決勝の相手はライバル草津東。前半は両者譲らず、光泉がわずか2点のリードで折り返した。後半に入っても接戦は続く。その均衡を破ったのはキャプテン稲垣守亮だった。第3Q残り3分の大事な場面で、相手の戦意を喪失させるような鮮やかな3Pシュートで一気に流れを呼び込んだ。結局、第3Qで引き離し、最終スコア70-59で快勝した。

キャプテン稲垣は「前半は苦しんだけど、とにかく自分たちの走るバスケに集中しようと声をかけた。今年は試合の中で修正できるチームだと思うので、ウィンターカップでもそれを活かして、まずは1回戦突破に集中したい」

その1回戦の相手は激戦区の広島を勝ち抜いてきた強豪・瀬戸内。12月24日に両者は激突する。

関連記事