• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.07.06

"9秒台"を間近で体感した男 西村顕志

所属選手2人、サポートアスリート5人を新たに迎えた2020年度のレイクスアスリート。
ニューカマー(新加入選手)を中心に、彼ら・彼女らが歩んできた道、そして想いをつづる。

"9秒台"を間近で体感した男

「自分も洛南に行っていたら、どうなっていただろうか」
虎姫高校時代、西村顕志は何度もそう思った。同学年の桐生祥秀が歴史を塗り替える度に、後悔に似た〝たられば〞が胸に充満した。
西村は中学3年の時に100mで10秒97という記録を打ち立てた。当時、滋賀で10秒台を出した中学生は桐生と西村の2人だけ。当然、西村にも洛南から声がかかった。
「でも、断りました。彦根の桐生くんは始発電車で通えるけれど、長浜の自分は寮生活になる。それは避けたかったので滋賀に残った。当時は野球部で陸上に詳しくなかったので、洛南がどれくらいスゴイのかも理解していなかったのもある」
もし洛南に行っていたら…、この運命の分かれ道が西村を苦しめた。呪縛を拭い去るには桐生という壁を超えるしかなかった。
だが、桐生との差は広がるばかり。高校・大学を通じ、同じ土俵にすら上がれない日々が続いた。それでも諦めず、桐生の背中を追い続けた。
そして2017年9月9日。西村は日本インカレ男子100mの決勝に駒を進め、桐生と同じレースを走ることになった。やっとつかんだ挑戦権。気負い過ぎた西村は、本来の走りを見失い、最下位に終わった。逆に桐生は、このレースで日本人初の9秒台を叩き出し、レジェンドになった。
桐生に勝ちたい。西村は今も、そのモチベーションをもって、競技を続けている。

西村 顕志

滋賀レイクスターズ

Profile/にしむら・たかゆき。長浜市出身。24歳。虎姫高校、富山大学、富山大学大学院を経て、滋賀レイクスターズへ。100m自己ベスト10秒32。

関連記事