• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2019.12.13

[駅伝]第70回滋賀県中学校駅伝競走大会 (男子の部)

稀に見る混戦となった男子。水口東がアンカー勝負を制す。

最後までもつれた首位争い

ある大会関係者はレース前にこう話した。「今年の男子はどこが勝つか全く分からないですね」。

その言葉通り、第1区は船岡が安原海晴(3年)の区間新記録を樹立する力走で首位に立つと、第2区は打出、第3区は能登川、第4区は再び打出、第5区は甲西北と首位が入れ替わり、勝負は最後のアンカーに託されることになった。

そして最後にゴールテープを切ったのは、この日はじめて首位に立った水口東だった。

2位でタスキを受けた水口東のアンカー児玉航洋(3年)は「(1位の)甲西北との差は27秒くらい。これなら抜かせると思った」と、この時の心情を振り返る。

最終的に水口東がレースをひっくり返して優勝。2位に14秒差をつける快勝となった。

児玉は「今年は最強のメンバーが揃ったと思う。多い時で1日10キロを徐々にペースを上げて走るなど、苦しい練習をみんなで乗り越えてきた。全国大会では入賞を目指して走りたい」と話す。

優勝した水口東と準優勝の甲西北は、12月15日に希望が丘文化公園芝生ランドで行われる「第27回全国中学駅伝大会」に出場する。

関連記事