• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2021.06.18

マルハナバチ 近藤寛子

マルハナバチ

ブラインドマラソンの近藤寛子です。
私たちの競技活動に、ご理解とご支援いただきありがとうございます。

さて、私が競技への取り組み方について、いつもする話があります。
この話をある方から聞いた時、まさに自分のこと?って思うくらいショッキングであり、且つ深く深く心に染み込んでいきました。
それ以来、私は何事も結果を出すにはこれが1番大事!と熱く語っています。

マルハナバチという蜂をご存知でしょうか?
私も実は知らなかったのですが、お尻の大きな、それでいて羽が小さくて、飛行学的にはとても空を飛べるような見た目の蜂ではないようです。

なのになぜ空を飛べるのでしょうか?

それは、自分は空を飛べると思っているからだそうです。
そのことを初めて聞いた時、まるで私やん!って思いました。

私は、正直マラソンランナーの体型ではなく、特に下半身はがっちりしています。
3人の出産を経験したとはいえ、ランニングウェアじゃなければ、とてもアスリートには見られません。

空を飛べるようには見えないマルハナバチと同じなんです。

そんな私が、日本代表としてパラリンピックに出場できたのは、私は絶対に行けると思っていたからなんです。
できない理由を考えたこともなかったです。
もちろん、まわりからは段階を踏めよと言われましたが、それもそのはず当時の私の成績は、強化指定選手6人中6番目、A標準も突破できていないのも私だけでした。
マルハナバチがそうであるように、見た目とのギャップがありました。

そんな私を見て、自分にもできるんじゃない?って多くの方が思えたらステキだなあって思います。
まずは、やりたいと思ったことは、自分はできる!と思うこと、そして達成した輝かしい自分をイメージすることから始めます。

そうしたら、できない理由より、どうしたらできるかだけを考えて進んでいきます!
私は、このマルハナバチの話を知り、本当に大切なことを確信しました。
もちろん、私はマルハナバチとは違って、体型を変えることはできるはずなので、ここをもうちょっと軽くして、さらなる記録更新はできると思っていますが・・・。

マルハナバチ
一度検索して写真見てみてください!
きっとなるほどと思うことでしょう。

まずはできる!やるんだ!って思うことから夢を形にしていきたいと思います!
今後ともご支援をよろしくお願いいたします!

写真は、大逆転でリオパラリンピックの切符を手にした瞬間。
2016年3月号、レイクスマガジンの表紙を飾らせていただきました!

関連記事