• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2021.04.02

U15の全国大会への取組[根間洋一]

U15の全国大会への取組

BリーグのU15の全国大会に向けて練習に取り組みについて書いて行くのが8回目のテーマです。
コロナ渦で、大会を開催出来るのか出来ないのか。また、開催するにしても参加するべきかどうなのか、全国大会に向けての1ヶ月はとても不安定な1ヶ月となりました。

それでも、こんな時だからこそ感じられた?選手たちの成長はとても誇らしく、私自身のゴールは達成できたと感じられた1ヶ月でもありました。
大会開催前にゴール達成?? と、疑問を持たれる方もいると思いますが、レイクスU15は育成チームです。

「コントロールできない事でなく出来る事、今やれる事にフォーカスする」

大人でも難しい取り組みを中学生の彼らはやり遂げる事が出来ました。
しかも3年生は高校受験というもう1つの大きなプレッシャーも抱えながらです。
取り組みの過程では大きなストレスもあった事でしょう、それでも彼らの心の成長、やり遂げた自信は今後の人生の中での大きなお守りになってくれると思います。

プロ選手になるのは彼らです。私でもレイクスでもありません。キッカケを作り、手段を与え、取り組みやプロセスの大切さを伝える。
それらを持って当事者意識を持ち、行動する選手が出てこればゴール達成です。

3月28日から始まるU15チャンピオンシップの全国の晴れ舞台は今まで頑張った自分自身へのご褒美だと思って選手たちには精一杯楽しんでほしいと思います。

関連記事