• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2021.01.22

[バスケットボール草津東高校]2年連続出場のウインターカップ。 “フリースタイル”で躍進を狙う。

2年連続出場のウインターカップ。
“フリースタイル”で躍進を狙う。

バスケットボール 草津東高校 女子バスケットボール部

12月23日~29日に開催される「ウインターカップ2020」(東京体育館ほか)。滋賀県代表として男子は光泉カトリック高校、女子は草津東高校が出場する。

 2年連続2度目の出場となる草津東。昨年は1回戦で済美(愛媛)に41-57で敗れた経験から、廣沢洋平コーチは「まず全国1勝。その先は行けるところまで」という目標を掲げている。

 やや控えめに感じる目標設定だが、ここには注釈が入る。
「自分たちのバスケを貫いた上での勝利です。スタイルを変えてまで勝ちたいとは思わない」(廣沢)

 新チームになって草津東が目指してきたのは、あえて決められた型を作らない〝フリースタイル〞バスケット。変幻自在のオフェンスを武器に、ウインターカップ滋賀予選では圧倒的な強さを見せた。

 だが、コロナ禍で思うような練習が組めなかった今年は、チームを作る上で難しさがあったという。

 キャプテン奥村綾乃(3年)は「インターハイも合宿も中止になり、実践による強化では難しさがあった。その中で、とにかく一人一人のベースアップを目指しました。個人が成長できれば、チームも強くなると信じて…。私は2ヶ月の休校期間に体幹を鍛え直しました」と振り返る。

 昨年のウインターカップに出場した中川塔子(3年)は、自粛期間中にシュート力を磨いたと言う。

「近所の公園にバスケットゴールがあり、毎日2時間くらいシュート練習を続けました。ウインターカップ予選の決勝では第2Qで3本連続3Pシュートを決めることもできた。自主練習の成果が出たのかなと思いました」

 休校明けの6月以降は、新1年生も交えて練習を再開した。コロナの影響で対外試合が組みにくい中、多くの新入部員を迎えたことで5対5の実践形式のメニューを組むことができた。これもチームにとっては大きかったと言える。

 ただ、目標はあくまで全国での勝利。まだ挑戦権を得たに過ぎないと、選手たちは気を引き締める。
 増井楓楽(3年)は「昨年は初出場の緊張もあって、力を出し切れなかった。今年はまず楽しんで、攻め続けて、そして最終的に勝ちたいと思います」と意気込む。

 飛田羽音(3年)は「昨年はベンチ入りしたけれどコートには立てなかった。あの悔しさは忘れていない。今大会にぶつけるつもり」と高校最後の大舞台に挑む。

 そして、夏に一度引退した後、再びマネージャーとして戻ってきた佐々木利奈(3年)はこう話す。

「選手経験を活かして、みんながいつも通りプレーできるように全力でサポートします」

 11月26日にウインターカップの組み合わせが発表された。草津東の初戦は12月23日(水)。
相手は開催地・東京の実践学園だ。

関連記事