• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.07.10

東日本大震災で生まれた絆 レイクスが地域と一体になれたシーズン

一滴のしずくはやがて川になり、大きなうみを形成する。滋賀レイクスターズもそうやって、故郷やバスケットを愛する者たちによって形を成してきた。この連載では、そんなバスケットマン(B-MEN)のサイドストーリー(B面)を軸に、レイクスの軌跡をひもといていく。

(構成・文:白井邦彦)

B-MENB

回:東日本大震災

2010-2011SEASON MEMORY

初のプレイオフ・ホーム開催

 bjリーグ参入シーズン目のレイクス優勝が期待されていたキャプテン藤原隆充、城宝匡史、ゲイリー・ハミルトン、マイキー・マーシャルら前シーズンの主力が残留し、新しく日本人初の得点ランキングトップ10入りを果たした岡田優(大津市出身)やジョシュ・ペッパーズというスコアラーも加入。ピンポイントでの大型補強に成功し、開幕ダッシュに成功した。

 振り返ると、シーズン途中には石橋貴俊HC約解除など紆余曲折あった最終的には西地区4位初のプレイオフ・ホーム開催実現。京都ハンナリーズとの激闘を制し、年連続でカンファレンス・セミファイナルへと駒進めている

 

 

 

だが、やはり忘れられない、いや忘れてはいけないのは2011311日に発生した東日本大震災だろう。レイクスに限らず、この時、日本のスポーツ界真価が問われていた。

東日本大震災で生まれた絆

 東日本大震災の発生を受け、bjリーグ312日・13日に予定されていたレギュラーシーズン2試合中止した

 それを受け、レイクスはホームゲーム開催を予定していた彦根市民体育センターにて両日にわたり救援物資を募った。そして、これを機に支援活動を始めることになった

 

 

 

翌週から、バスケットボール選手や棒高跳の我孫子智美、スタッフたち街頭試合会場積極的に募金活動を行った。また、ブースター感謝祭の恒例行事である選手オークションの売り上げ義援金に充てた。チームとしてはホームゲーム残り6試合およびホームでのプレイオフ「復興支援ゲーム」として開催し収益の一部被災地および仙台89ERS支援金として送ったこれら金活動で集まった復興支援金917万586円。
(詳しくはこちら https://lakesnews.shiga-saku.net/e621081.html

キャプテン藤原は「微力かもしれないけれど、決して無力ではないと思う。僕たちにできることをこれからも続けてやっていきたい」と話した。

 その言葉通り選手たちはオフシーズンに被災地赴き、炊き出しや物資輸送など復興支援活動を行った敬虔なクリスチャンで知られるレイ・シェファーは、大津バプテスト教会主宰ボランティア活動に参加。20115月9日~135日間、福島県いわき市“僕たちにできることに従事した。被災地へと旅立つ前、彼はこう言い残している。

「勇気づけたり、かを手伝ったり、バスケットボールを一緒にやったり、できることをしてくるよ。見てきたことをメールと写真で送るから、ブースターのみんなにブログで伝えてくれないか」

 

送られてきた写真には被災の深刻さを伝えるものもあれば、現地で子供たちとバスケットボール楽しむ姿もあった。

 レイクスが被災地へ届けた物資は10tトラック4台分ダンボール換算で約3700箱。レイクスブースターを始めとしたボランティア、近江高校の生徒たち、彦根市民体育センター、協賛企業各社など多くの方々に、荷物の仕分け積み込み作業協力していただき、届けることができた。この時に生まれた強い絆は、今もレイクスの基盤となっている。

 また、震災により活動休止となった仙台89ERS、埼玉ブロンコス、東京アパッチの選手受け入れ制度(選手救済制度)で、埼玉の太基がレイクスにやってきたこの時の縁で、後に寺下はレイクスの一員となり、一つの時代を築くことになる。辛いことも多かった2010-2011シーズンだが、レイクスにとっては地域と一体になれた貴重なシーズンでもあった。(文中敬称略)

<2010-2011 SEASON>
ウェスタンカンファレンス4位(30勝20敗)
HC:石橋貴俊
根間洋一(代行)
♯0:マーキー・マーシャル
♯2:ゲイリー・ハミルトン
♯5:小川伸也
♯7:マイク・ミュラー
♯8:堀川竜一
♯9:岡田優
♯11:藤原隆充(キャプテン)
♯12:石橋晴行(AC兼選手)
♯13:寺下太基
♯30:ジョシュ・ペッパーズ
♯31:城宝匡史
♯33:ラマー・ライス
♯45:レイ・シェファー
♯91:佐藤浩貴

関連記事