• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.06.08

「2019世界選手権代表」カヌースプリント 新岡浩陽 vol.1【Lakes Athlete Voice】

『70%』

 

これは自分が生まれてからこの日までにカヌーに費やしてきた時間の割合。カヌーしていなかった30%、赤ちゃんであった頃を除けば毎日ペンを握り絵を書くスポーツからかけ離れた生活を送っていました。そんな自分が今、東京五輪出場の最後のチャンスに向けて毎日パドルを握っている、誰がこうなることを予想したか。
この70%の中で4回五輪が開催され、自分に出場のチャンスが回ってきたのは前回のリオ五輪でした。

しかしそこに進むことはなく五輪予選の世界選手権、アジア大陸予選で惨敗に終わりました。この東京五輪は自分にとって2度目の挑戦。あの惨敗から4年、この4年間でも数え切れないくらい壁にぶつかってきたが、何一つとしてやってきたことに後悔はないと言い切れます。

自分の人生の何%がカヌーで埋まっていくのかは予想もつかないが、一つ一つの経験を全て自分の成長に繋げて、イチロー選手のように“後悔などあろうはずもない“と言い切れるカヌー人生にしていきます。

 

申し遅れました、滋賀レイクスターズ所属選手でカヌースプリント競技をしています、新岡浩陽です。いつもたくさんの応援いただきありがとうございます。その応援もモチベーションの一つとなり、大好きなカヌーが加速していきます。これから少しずつカヌースプリント競技のアスリートとしての生活の中で感じたことや学んだこと、日常を綴っていきます。楽しく読んでいただきたいです!

関連記事