• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.02.14

エニタイムフィットネスの挑戦[Ⅰ]地域に根ざしたフィットネスクラブへ。

24時間営業のマシンジム特化型フィットネスクラブとして、世界トップクラスのシェアを誇る「エニタムフィットネス」。
世界のフィットネスシーンをリードする企業が目指すのは、各地域に根ざしたクラブである。
本誌では10店舗を展開する滋賀の「エニタイムフィットネス」の挑戦を3回にわたってフィーチャーする。

滋賀で一番新しい店舗 大津膳所店を訪ねて。

フィットネス参加率を上げたい

 24時間営業のフィットネスクラブが、世界的に人気を集めている。先駆けである「エニタイムフィットネス」は、世界27の国と地域、約4500店舗を展開し、日本でも2020年1月に700店舗を突破するなど急成長を続けている。滋賀でも、2018年2月オープンの南草津野路店を最初に、今年3月オープン予定のイオンタウン湖南店を入れると10店舗(発行時9店舗)となる。

 今回訪ねた大津膳所店は、滋賀で一番新しい店舗。大津膳所店の守口美遊さん(大津堅田店兼務)は「日本でも最近はフィットネス人口が増えました。でも、アメリカでのフィットネス参加率は人口の約15%であるのに対し、日本はまだ4%くらい。もっと参加率を上げられるように、魅力を発信したいと思っています」と話す。

多彩なニーズに対応する

 フィットネスクラブの利用法は人それぞれ。早朝ワークアウト派もいれば、ランニング前に心拍数を上げにくる人、仕事帰り、出張族など。多岐にわたるニーズに対応できるのが「エニタイムフィットネス」の魅力でもある。守口さんはこう説明する。
「エニタイムフィットネスは24時間年中無休ですので、早朝や深夜に利用される方もいらっしゃいます。ジムスタッフが常駐している10時〜19時でしたら、マシンの使い方や目的にあったメニューの相談、食事のアドバイスなどもできますので、うまく活用いただいています。また、入会後、ご利用日より31日を経過すれば、世界中のエニタイムフィットネスを自由にご利用いただけます。出張や遠征先で近くの店舗を利用される方もおられます。中には、ランニング時にシャワー室だけ利用される方も。いつでも、どこでも、自由に使っていただけるのが魅力だと思います」

 昨年はハンドボール・スペイン代表が来日した際、滞在中のトレーニングにエニタイムフィットネス彦根店を利用したとか。遠征が多いアスリートにとっても、強い味方と言えるかもしれない。

1日5分で理想のカラダに

 世界各地に自分のジム拠点を持つのは確かに魅力だ。ジムスタッフのサポート付きで月額6800円というコストも魅力がある。とはいえ、なかなかジム通いが続かないという声もある。「そんな方には、1回5分のHIITトレーニングがオススメです」と守口さんは話す。「例えば、ローイングマシンで全身を使うボート運動を3分ほど行った後、バトルロープ(ロープトレーニング)を2分(全力20秒+ 10秒休憩×4セット。合計約5分の組み合わせ)を実行すれば、有酸素運動40分相当の脂肪燃焼効果があると言われて
います。忙しい方にはぜひ試してほしいです」

 着替えやシャワーの時間を加えても1回30分以内で終わる。かしこいジム活用法と言えそうだ。

地域に根ざしたクラブへ

 大津膳所店は、30〜40代のコア層を中心に18歳から80代までが利用している。会員の親を持つ高校生( 15〜18歳)が対象のハイスクールパス(詳しくは次号にて)の利用者も増えているという。
「大津膳所店には、マシンエリアだけではなく、カーディオエリア(有酸素運動)、フリーウエイトエリア(ダンベル、ベンチプレスなど)、ファンクショナルエリアがあります。ファンクショナルエリアでは、低めのブロックを使った昇降運動などの軽いトレーニングを行うこともできます。ですので、機能改善(リハビリ)にも活用いただいています」

 近くの「エニタイムフィットネス」で、いつまでも健康に。全国700店舗以上を展開するフィットネスクラブの理想は、そんな地域に根ざした存在だ。「地域の方々と一緒に琵琶湖の清掃活動に参加したり、大津市で開催される全国マシンローイング近畿大会に全スタッフが参加したり、積極的に地域とも関わっています。一緒に滋賀のスポーツを盛り上げられたらいいなと思います」

 そう言って、守口さんは白い歯をのぞかせていた。

エニタイムフィットネスとは?

 2002年開業のアメリカ・ミネアポリス1号店から始まった「エニタイムフィットネス」は、わずか10年(2012年)で2000店舗に到達。世界最速で店舗数を拡大し、現在は世界27の国と地域、4500店舗を超えている。共同創業者のChuckとDaveがかかげる理想は、Get to a HealthierPlace. Healthier Placeをすべての人々へ。いつでも気軽に使え、トレーニング効果を実感でき、ムリなく継続できる価格であることを念頭に、「24 時間年中無休」「マシンジム特化型」「ナットクの月会費」「世界全店利用可能」というジムコンセプトで展開。

関連記事