• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2019.11.08

【高校特集】[カヌースプリント]オーパルカヌーチーム 菱田悠杏・山崎 穣

小学生の頃から火花バチバチ。超ライバル・ペアが国体2冠

県初の国体2冠の裏に2人ならではの意地

 オーパルカヌーチームの菱田悠杏(堅田高校2年)・山崎穣(比叡山高校2年)ペアが、カヌースプリント少年男子カヤックペアで2冠(200m・500m)を達成した。滋賀県勢がペアで2冠を果たすのは初めて。山崎は「国体初出場で2つ優勝。やや出来過ぎですがうれしい」と振り返った。

 2人がペアを組んだのは小学6年生が最初。200mで全国5位入賞という成績も残している。現在は違う高校に通うため、高体連の大会ではペアを組めない。必然的にシングルで2人は競っている。

 今夏のインターハイ滋賀予選では、シングルの出場枠を争った。勝ったのは200mも500mも菱田だった。

 インハイ出場を逃した山崎は、その悔しさを国体にぶつけた。
「シングルの勝敗は小6の頃が(菱田)悠杏の勝ち、中学1・2年は僕、中学3年、高校1年、そして高校2年のインハイ予選も悠杏。もう悔しくて…。国体は”やったろう”という気持ちで挑みました」

 シングル勝負で勝ち越している菱田は、小学1年からカヌーを始めた。山崎は小学4年から。いわゆる先輩の意地を見せつけている菱田だが、「(山崎)穣はライバル。昔からバチバチです。でも、ペアを組むと頼れる存在です」と話す。

 切磋琢磨してきた2人の意地が、国体500mのレースで活きた。菱田はこのレースを次のよう振り返る。
「得意の500mは、僕も穣も負けるわけにはいかないと思っていた。決勝はいいスタートが切れた。でも、途中で追いつかれる苦しい展開になった。ここで負けられないと思って頑張って、最後の最後で逃げ切れた。穣とのペアだったから勝てたレースだと思う」

 2位の福島県ペアとの差はわずか0・46秒。ここに超ライバル関係の2人の意地が詰まっていた。

菱田悠杏(写真奥)

Profile/ひしだ・ゆあん。2003年2月10日生まれ、竜王町出身。竜王小学校、竜王中学校を経て堅田高校へ。現在2年。174㎝、75㎏。

山崎 穣(写真手前)

Profile/やまさき・じょう。2002年12月14日生まれ、大津市出身。真野小学校、仰木中学校を経て比叡山高校へ。現在2年。173㎝、70㎏。

関連記事