• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2021.11.09

今シーズンの開幕に向けて、 これだけは抑えておきたい トピックスを7つ厳選

王道あり、秘話あり、未来あり。試合日程とマイスケジュールを照らし合わせて、ぜひレイクスに熱いエールを!

TOPICS 01 ルイス・ギルHCのスパニッシュ・パッション全開!


2019年ワールドカップ優勝のスペイン代表ACを務めたルイス・ギルHCが、今シーズンからレイクスを指揮。初采配となった9月12日のプレシーズンゲームでは、ベンチを飛び出しオーバーアクション連発。「スパニッシュ・パッション(スペイン人の情熱)です」と語るこの熱~いスタイルは、レイクスの新名物に!?

TOPICS 02 柏倉哲平の“六代目”就任は加入前からすでに決定


レイクス六代目キャプテンに就任したPG柏倉。実はオファーの時点で「キャプテンをお願いしたい」と言われていたとか。小・中・高・大・プロすべてでキャプテン経験を持つ生粋のリーダーらしいエピソードと言える

TOPICS 03 林翔太郎の“ダイブ発言”が思わぬカタチに発展


初めての滋賀県なのでとりあえず琵琶湖に飛び込みたい(笑)」という林翔太郎の入団コメントに大津市が反応。柏倉(びわペイ)と小澤智将(びわザワ)を巻き込んでびわ湖で“ゴザ走り”に挑戦することに。
詳しくはレイクス公式YouTube

TOPICS 04 川真田紘也のニックネーム“マイキー”誕生秘話


諸説あるマイキー誕生秘話だが、真相は今川友哲の聞き間違い。今では保田尭之ACも日常使い。「ついにスタッフ陣にまで浸透しました」と本人はなぜか満足気だった。

TOPICS 05 今川友哲&森山修斗の“爆笑”コンビ再結成


明治大学の同期、今川と森山が再び同じチームに。大学時代はシェアハウス暮らし(計3名で)していた間柄。大阪・滋賀の関西出身コンビはプレーだけではなく“トーク”も軽快だ。

TOPICS 06 フィリピンの至宝はラブリー・フィッシング


フィリピン代表キーファー・ラベナの趣味は釣りらしい。ルアーか餌か、海か川かなど詳細は不明だが、母国でのオフは釣り三昧だったとか。琵琶湖に出没するかも?!

TOPICS 07 クラブ経営強化!


2026年の新B1リーグ(仮称)参入および2030年のBリーグトップクラブをめざし、株式会社マイネットが経営に参画。「憧れを拓く強いクラブ」へ、さまざまな施策を実行する。

2021-22 SEASON GAME SCHEDULE

関連記事