• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2020.07.13

今年の目標は「自分に勝つ」 北川真由

所属選手2人、サポートアスリート5人を新たに迎えた2020年度のレイクスアスリート。
ニューカマー(新加入選手)を中心に、彼ら・彼女らが歩んできた道、そして想いをつづる。

今年の目標は「自分に勝つ」

ボートの北川真由(龍谷大学)は、八幡商業高校2年時にインターハイに出場し、高校3年の昨年は茨城国体で優勝した。女子ボート界で将来を期待される一人だ。
彼女が、高いレベルで戦いたいと思うようになったのは、高校2年の全日本ジュニアボート選手権大会がきっかけだった。「全国のレベルの高さを目の当たりにし、自分自身もこのようなハイレベルな戦いがしたいと思った」そうだ。
それを機に「強い人たちの練習を見たり、聞いたり、真似をしながら」練習してきた。意識の高さでは誰にも負けるつもりはない。
今年の目標を見ても、彼女の意識の高さはうかがえる。
「今年は『自分に勝つ』を目標に頑張ろうと思っています。新型コロナウイルスの影響によるレースの中止など不安なことが続いていますが、この期間を有効活用し、自身のレベルアップにつなげたいと思います」
レイクス・サポートアスリートになったことで、さらにアスリートの自覚も高まっているようだ。
「たくさんの方々に支援いただくことになるので、自分の行動に自覚と責任を持って結果を残していかなければいけない。今まで以上に強い気持ちを持てています」
名門・龍谷大学でどんな花を咲かせるか、楽しみに待ちたい。

北川真由

龍谷大学

Profile/きたがわ・まゆ。愛知郡出身。18歳。八幡商業高校を経て、龍谷大学(現在1回生)へ。2019年茨城国体優勝。

関連記事