• 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • 公益財団法人 滋賀レイクスターズ公式サイト
  • Game Conductor SHIGA | 滋賀県スポーツボランティアコミュニティ公式サイト

2017.09.02

【高校の星SP】学校&部活あるある2017⑥

大谷高等学校[男子バレーボール部]
大野 亮・伊庭将麻

やる時はやる。そして秋こそ京都一!

強化指定クラブの男子バレーボール部で活躍する大野亮くんと伊庭将麻くん(共に3年)。 大谷高等学校へは 「全国を狙える学校だと思った」 という理由で進学。今年のインターハイ予選では惜しくも京都予選3位に終わったが、春高バレーに向けて手応えもつかんだと話す。 洛北中学出身の副キャプテン伊庭くんは 「大谷のコンビバレーが通用する場面もあった。春高予選までに精度を高めたい」 と話す。

部の雰囲気は 「先輩・後輩の上下関係も良好で、明るい」 と伊庭くん。 それに対して、瀬田中学出身の大野くんは 「でも、やる時はやる。 勉強もやる。 オープンキャンパスに来た時に部活を見学し、文武両道を地でいく先輩の姿に魅かれた。 自宅のある大津市からも近く、ここで全国を目指したいと思った」 と当時を振り返った。

普段の学校生活も充実感があると2人は話す。 「練習後の勉強会では各教科の先生が付き添ってくれ、わかるまで復習できる」(伊庭)。 「学園祭などイベントの時は、とにかくそれを全力で楽しむ雰囲気がある」(大野)。

勉強と部活の両立(文武両道)に加え、楽しむ時はとことん楽しむいう自由な校風が大谷高校の魅力。 入試志願者数が多い理由もここにある。

2人が語る大谷あるある

【学校編】
 ①学園祭が京都一!
 「毎年4000人以上が来場」(大野)
 ② 食堂のメニューが美味しい。
 「イチオシは坦々麺!」(伊庭)
 ③ アクセスがいい。
 「瀬田から京都まで1 7 分です」( 大野)
【部活編】
 ①ムードがいい。
 「京都1位を目指して一丸」(伊庭)
 ②しつこいバレー
 「ただでは起きません(笑)」(大野)
 ③1学年、1ゴリラ
 学年に1人、ゴリラ顔がいる」( 大野)

学びのPOINT

[01]高校入試志願者数が2017年度もNo.1!

2017年度入試における志願者数は、滋賀・京都・大阪・奈良で最多の3,168人。交通の便・進路実績・クラブ・教育内容などに加えて、やはり決め手は生徒たちの個性を伸ばせる点。「一人ひとり違っていい。大谷は個性を大切にして伸ばしていく学校です」。勉強やクラブ活動などを主体的に取り組んでいる人も、この言葉にたどり着くというわけです。

[02]大学を意識したキャンパス

デッキが敷かれた屋上テラスは、お昼休みには開放され、京都市内が一望できる360°パノラマが広がります。また、Yショップは、校内に設置された本格的なコンビニです。お菓子やアイスも販売されています。「 大人扱い」 を学校側、生徒側、双方で求めている学校ならではの施設と言えます。

関連記事